Apple WatchのDigital Touchが使えない時に確認すること

Apple WatchのDigital Touch、ハートビートが送れるとか、スケッチをやりとりできるとか、魅力的ですよね。

Digital Touch を使うと、Apple Watch を持っている友達ならだれにでも、スケッチ、タップ、さらにはハードビー
トを送ることができます。

Apple Watchユーザーガイド 1.0のp.42には書いてありますし、早速やってみようということになったんです。

自分のApple Watchの「友達」に表示される妻のアイコンには、Digital Touchが使える指マークのDigital Touchアイコンが表示されていて、スケッチを送ることができました。

が、妻のApple Watchでは、自分のアイコンにDigital Touchアイコンが表示されません。

自分も妻も、当然Apple IDはありますし、iPhoneのメッセージアプリでやりとりもできているので、なぜできないの?とさっぱり分かりませんでした。

ただ、どうやら、妻から自分の電話番号宛のiMessageが使えてないということが判明。

色々と調べた結果ですが、
AppleのホームページのApple Watchのページの中で、〜Digital Touchでは、友たちとの連絡に、iPhoneに関連付けられている電話番号を利用します〜という説明を見つけました。

恐らく、Digital Touchは、電話番号宛のiMessageを使っていると想定して、さらに調べを進めてみました。

「Digital Touch できない」などで検索してもヒットしませんでしたが、「メッセージ 送受信 電話番号」で検索すると、何件かヒットしてきました。

結論としては、My SoftBankの「迷惑メールの設定」が原因で、iMessageのアクティベーション時に電話番号が登録されないことがわかりました。

解消するには、具体的には以下の2つを対応します。
(1) My Softbankの迷惑メールの設定
「海外からの電話番号メール」を「受け取る」と設定する
(2) iMessageを再アクティベート([設定]-[メッセージ]の「iMessage」を一旦Offにして、Onにする)する

この対応をすることで、電話番号宛のiMessageが使えるようになり、Digital Touchアイコンも表示されるようになりました。

※ちゃんと電話番号宛でiMessageが使えているか、アクティベーションできているかは、[設定]-[メッセージ]-[送受信]で、iMessage着信用の連絡先情報で、電話番号にチェックが入っているかどうかで確認できます。

 

Apple Watchデビューしました

日本で発売されて、しばらく経ってからですが、watchOS2がリリースされるというこのタイミングで、Apple Watchデビューしました。

今回新色でMid-Night Bleuが出ていてなかなか良い色味でしたので、Sportsタイプのこちらを選びました。

本当は、Sportsタイプではなく、リンクブレスレットのステンレススチールが一番良さげなのですが、いかんせんお値段が高いので、Apple Watch自体がもっとこなれたら考えようということで、まずはエントリーとしてSportsタイプにしました。

購入した日に、watchOS2のダウンロードができるようになったので、ほとんど何もせずに、watchOS2にアップグレードしたので、正直元々の機能なのか、watchOS2の機能なのかは、分からず使い始めました。

今の文字盤のお気に入りは、タイムラプスです。その時間の街の様子が数秒間動いて表示されます。ロンドンと上海を表示させてみました。東京があると嬉しい。ぜひ追加できるようにしてほしいです。

実は、妻が一足先にApple Watchを購入してDigital Touchをやってみようということになり、自分も購入することにしたのですが、Digital Touch、最初うまくいきませんでした。
このあたりは別の記事で紹介したいと思います。

IMG_1635