VMware Fusion 8にNested vSphere環境を構築する

16GBのメモリを搭載したMacBook Proに、VMwareのNested vSphere環境を構築してみる。
vSphereのテスト環境を作ろうと思ったことがきっかけ。

  1. Fusion Pro 8を導入する

  2. My VMwareから、評価版のESXi 6.5をダウンロードする。
    (VMware-VMvisor-Installer-201701001-4887370.x86_64.iso)

  3. Fusion上にESXi 6.5をインストールする

  4. My VMwareから、評価版のvCenter Serverをダウンロードする。
    (VMware-VCSA-all-6.5.0-4944578.iso)

  5. ダウンロードした、VCSAのisoファイルをマウントする。
    ※ダウンロードフォルダにある、VMware-VCSA-all-6.5.0-4944578.isoをダブルクリックするとマウントします。

  6. vCenter Server Applianceの導入手順についてreadmeを確認します。

  7. vcsa-ui-installerフォルダにある、macフォルダを開くと、「Installer」があるので、
    Ctrlキーを押しながらクリックして開きます。

  8. 開いてもよいか、確認のダイアログが表示されるので、「開く」をクリックします。
    NewImage

  9. vCenter Server Appliance 6.5 Installerが起動します。
    NewImage

  10. 言語を「日本語」にします。
    NewImage

  11. インストールを選択します。インストールの概要が表示されます。
    「次へ」をクリックします。
    summary

  12. エンドユーザー使用許諾契約書が表示されます。
    同意にチェックをして、次へをクリックします。
    NewImage

  13. デプロイタイプの選択が表示されます。
    組み込みにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
    install_deploy_type

  14. アプライアンスのデプロイターゲットが表示されます。
    vCenter ServerをインストールするESXi(この記事で最初に導入したESXi)のIPアドレスを指定、
    ユーザー名、パスワードを入力して、「次へ」をクリックします。
    install_to_esxi

  15. SSLの証明書に関する警告が表示されます。
    「はい」をクリックします。
    ssl_alert

  16. アプライアンス仮想マシンの設定が表示されます。
    仮想マシン名、rootパスワードを指定します。
    VM_settings

  17. デプロイサイズの選択が表示されます。

この際、以下のエラーが表示された。
「OVF ファイルの読み取り中に問題が発生しました。:
Error: ovftoolを使用できません」

http://emadyounis.com/vcenter/vcenter-server-appliance-vcsa-6-5-installer-macos-ovftool-error/

  1. トラブルシュート
    デスクトップに、「vcsa-65-ISO」フォルダを作成し、その中に、マウントしたISOボリュームから、
    「vcsa-ui-installer」と「vcsa」をコピーします。

その後、xattrコマンドでInstaller.appのアトリビュートを削除します。

インストーラの画面では、「キャンセル」をクリックして、インストーラを閉じます。

  1. デスクトップにコピーしアトリビュートを削除したインストーラを開きます。
    これまでの作業をもう1回実施して、進めます。

  2. デプロイサイズの選択が表示されます。
    デプロイサイズ「最小」、ストレージサイズ「デフォルト」となっていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    install_deploy_size

  3. データストアの選択画面が表示されます。
    シンディスクモードの有効化をチェックして、「次へ」をクリックします。
    install_datastore

  4. ネットワークの構成画面が表示されます。
    ※DNSサーバは、とりあえず、8.8.8.8を指定。
    install_network

  5. ステージ1の設定内容の確認画面が表示されます。

install_stage1

  1. 「終了」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

install_stage1_start

  1. デプロイ完了画面が表示されます。
    「続行」をクリックします。

install_stage1_finish

https://192.168.66.130:5480/

  1. 引き続き、ステージ2のインストールに移ります。

stage2_summary

  1. アプライアンス設定画面が表示されます。
    時刻同期モードを「時刻を ESXi ホストと同期します」を選択します。
    SSHアクセスは、「有効」を選択します。

stage2_appliance

  1. SSO設定
    SSOドメイン名:vsphere.local
    サイト名:default-site

stage2_sso

  1. CEIPの設定画面

stage2_CEIP

  1. 設定の確認画面

stage2_settings

  1. Stage2インストール開始前の確認

stage2_installer_alert

  1. Stage2のセットアップ

stage2_setup

  1. 完了
    このアプライアンスのセットアップに成功しました、と表示されます。
    ※セットアップ開始から、10分程度かかりました。

stage2_setup_finish

vSphere Web Clienthttps://192.168.66.130:443/vsphere-client/
アプライアンスの「はじめに」ページhttps://192.168.66.130:443

  1. vSphere Web Clientにアクセス

ユーザー名:administrator@vsphere.local
パスワード:設定したパスワード

vcenter

所感:
スムーズに行くかと思いきや、少し手こずったのと、時間もかかった印象。
メモリは結構厳しい。

Javaの開発環境 eclipseを導入する(MacOS Yosemite)

  1. はじめに
    先日、Yosemiteの具合がいまいちで、クリーンインストールしたので、環境を整備しています。
    その一環で、Javaの開発環境を作ろうかと思い、今後の忘備録を兼ねて、書いていきたいと思います。

  2. MacOS YosemiteでのJava事情&JDKのインストール
    いつのころからか(詳細は後ほどUpdate)、MacOSには、Javaがデフォルトでインストールされなくなりました。
    ターミナルで、「java」とか「javac」コマンドを実行すると、「”java”コマンドラインツールを使用するには、JDKをインストールする必要があります。」とダイアログボックスが表示されます。

2015 02 22 18 35

「詳しい情報…」をクリックすると、SafariでOracle社のJDK(Java SE Development Kit)のダウンロードページが開きます。

Java SE Downloads Oracle Technology Network Oracle

「DOWNLOAD」をクリックすると、プラットホームの選択画面になります。

Java SE Development Kit 8 Downloads

「Accept License Agreement」をクリックして、MacOS X x64の「jdk-8u31-macosx-x64.dmg」をクリックします。
ダウンロードフォルダに「jdk-8u31-macosx-x64.dmg」が保存されますので、ダブルクリックしてディスクイメージをマウントします。

2015 02 22 18 51

JDKのインストーラーが開きますので、「続ける」をクリックします。

2015 02 22 18 52

「インストール」をクリックします。

2015 02 22 18 53

管理者アカウントのユーザ名、パスワードの入力を求められますので、適宜入力して「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

2015 02 22 18 55

「インストールが完了しました。」と表示されれば、JDKのインストールは完了です。「閉じる」をクリックします。

2015 02 22 18 56

ターミナルで「java」コマンドを実行すると、今度は、

と表示されるようになります。

  1. eclipseのダウンロード
    Javaの統合開発環境である、eclipseを導入します。
    まずは、Safariで「http://www.eclipse.org」へアクセスします。

Eclipse Luna

「Downloads」のリンクをクリックします。

Eclipse Downloads

プラットホームが、Mac OS X (Cocoa)となっていることを確認して、「Mac OS X 64 Bit」をクリックします。

Eclipse downloads mirror selection

次に、ダウンロードするミラーサイトの選択画面が表示されますので、画面のようにfrom:以降にあるリンクをクリックしてダウンロードします。
ダウンロードリンクをクリックすると、ダウンロードが開始されますが、Web画面は、Donate(寄付)の画面に移ります。
ここでは、寄付をしても良いですし、しなくても構いません。

  1. eclipseのインストール
    Safariでダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダに「eclipse-java-luna-SR1a-macosx-cocoa-x86_64.tar」とファイルができます。

この「eclipse-java-luna-SR1a-macosx-cocoa-x86_64.tar」をダブルクリックすると、tarファイルが展開され、
ダウンロードフォルダに、「eclipse」というフォルダができます。

Finderで、ダウンロードフォルダのeclipseフォルダを、「アプリケーション」フォルダへDrag & Dropで移動します。

アプリケーションフォルダにeclipseフォルダがあることを確認したら、DockのLaunchpadアイコンをクリックして、アプリケーションの選択画面で、eclipseがあることを確認します。

  1. eclipseの日本語化
    eclipseの日本語化には、Pleiadesを使います。
    ※言語パックを導入する方法もありますが、Pleiadesプラグインを使います。
    静的な国際化リソース方式と比較して、色々とメリットがあります。
    (デメリットもあります。詳細は、開発元のページを参照)

Safariで「http://mergedoc.sourceforge.jp」へアクセスします。

Pleiades Eclipse プラグイン日本語化プラグイン MergeDoc Project

Pleiades – Eclipseプラグイン日本語化プラグイン より、「Pleiadesプラグイン・ダウンロード」の「最新版」をクリックします。

Pleiades Eclipse プラグイン日本語化プラグイン MergeDoc Project

画面のように、Subversionのリンクが表示されますので、「pleiades.zip」をクリックしてダウンロードします。
ダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダ内に「pleiades」フォルダができます。

次に、plugins、featuresフォルダの中身を、以下の画面のように、コピーします。
※置き換えないように。

plugins
Plugins と eclipse と Pleiades Eclipse プラグイン日本語化プラグイン MergeDoc Project

features
Features と eclipse と Pleiades Eclipse プラグイン日本語化プラグイン MergeDoc Project

次に、eclipse.iniファイルに、Pleiadesを有効にするため、起動オプションを追加します。
eclipse.iniファイルの最後に、「-javaagent:/Applications/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」を追加します。

(1) アプリケーションフォルダ内の「eclipse」フォルダを開きます。
(2) 「eclipse」アイコンを、[control]キーを押しながらクリックして、「パッケージの内容を表示」を選択します。
(3) [Contents]-[MacOS]とダブルクリックして開いていくと、下の画面のように、eclipseとeclipse.iniが表示されます。

2015 02 23 7 07

(4) 「eclipse.ini」ファイルをダブルクリックして、テキストエディットで開きます。
(5) 下の画面のように、最後の行に「-javaagent:/Applications/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」を追加します。
2015 02 23 7 08

(6) eclipse.iniを保存して、テキストエディットを閉じてください。

ここで、一旦、「eclipse」をダブルクリックして、eclipseが起動できるか確認しておいて下さい。

2015 02 23 6 49

「”eclipse”は、開発元が未確認のため開けません。」とメッセージが出る場合は、eclipseアイコンを、[control]キーを押しながらクリックして、「開く」を選択してください。
そうすると、「”eclipse”の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」とメッセージが表示されますので、「開く」をクリックします。

eclipseの起動画面が表示された後、

Eclipse と eclipse

ワークスペース・ランチャーが表示されます。ここでは、「OK」をクリックします。

2015 02 23 7 13

eclipseが起動し、ようこそ画面が表示されます。

2015 02 23 7 14

以上で、eclipseのインストール、日本語化は完了です。

Vagrantを試して見る(MacOS Yosemite)

Vagrantを試して見る(MacOS Yosemite)

元々やろうと思っているのは、Pythonの開発環境のセットアップを 一から確認しようと思っていたのだけど、CentOSのVMを立てて…とかやるのが面倒で、 便利ツールないかな〜と。で、Vagrantがあるか!という経緯です。


1. Vagrantの導入、インストール

 まずは、Vagrantのページから、ダウンロードします。  vagrant_1.6.5.dmgというファイルでした。  
 こちらをマウントして、「Vagrant.pkg」をダブルクリックしてインストールします。
 インストール先は、アプリケーションフォルダとなり、/Applications/Vagrant です。  
 このディレクトリ内の、binの下に、vagrantコマンドがインストールされ、/usr/bin/vagrantにシンボリックリンクが貼られます。

2. VirtualBoxの導入、インストール  

Vagrantのセットアップの前に、仮想環境としてフリーのVirtualBoxをインストールしておきます。  
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads から、OS X hostsのバイナリファイルをダウンロードして  インストールします。   ※VirtualBox-4.3.20-96996-OSX.dmgというファイルでした。

3. Vagrantを使ってみる!  

Vagrantのページにある通り、早速、initとupして、使えるか確認してみた。  

(Ubuntu 12.04 LTS 32-bitが使えるようになります)    
まずは、vagrant initから。

 実行したディレクトリに、Vagrantfileという設定ファイルが作成されます。

次に、vagrant upコマンドで仮想環境を作ります。

 作成されたUbuntuにアクセスしてみる。

 vagrant sshコマンドで、VirtualBoxに作成されたUbuntuにアクセスすることができました。

 ネットワークの設定はNATの設定がされているようで、Ubuntuから、Internet上のサイトへPingすることができました。

 作成したUbuntuですが、削除するには、vagrant destroyコマンドを実行します。

 壊していいか確認がありますので、[y]を入力すると、VirtualBox上からも作成されたUbuntuが削除されます。    一度、initして、Vagrantfileができていて、Boxファイルもダウンロード済みの状態ですので、  再度、vagrant upした時は、起動完了まで、あっという間に終わります。

Vagrantの活用(boxの追加)  CentOS 6.5のbox(仮想マシンのイメージ)を追加して、実行してみます。

https://vagrantcloud.com/chef/boxes/centos-6.5

※addするときのBox名ですが、どうも決まっているみたいです。  centos65x8664としようとしたら、上書きできないとメッセージが出ました。

 vagrant box listコマンドで、インストールされているboxが確認できます。

 CentOS 6.5を利用してみます。
  ※その前に、Vagrantfileを削除する必要があります。

 次に、initです。

 CentOS6.5をupします。

 sshして、ログインします。

無事、CentOS 6.5にアクセスできました!