MarsEdit つづき

昨日に引き続き、MarsEditを使ったWordPress記事の作成について、色々と検索しつつ調べてみた。

World Wide Webの本質は、”リンク”ということに改めて気がついた。
そのことは、また別の記事にでも書こうかな。

今は、調べたことを忘れないようにメモしておく。

(1) Appのリンクをつけたい。

これは、ブログ記事に関連する、Mac. iPhone, iPadとかのアプリを紹介したいと思うのだが、簡単にする方法。

↓以下の記事にある、AppHtmlを使う。
これは、MarsEditからMacOSのサービスを経由して、Automaterを呼び出して、アプリ紹介のリンクを生成してくれるというもの。
「サービスを経由して」という表現があっているかは少し微妙な気もするけども、自分はこのように理解した。
# 仕組みの前に、どうやって導入するかに視点がおかれていて、理解するまでに少し考えてしまった。

Happy-Go-Lucky: MarsEdit
MarsEditプラグイン(AppHtml)の記事

後、Mac OS Lion (10.7)では、個人のユーザ別のライブラリフォルダがFinderから見えなくなっていて、Optionキー+移動メニューで表示できることを知った。
これは、↓より。

Mac Fan.jp:Lionのライブラリフォルダはどこにいった?

そんな訳で、以下のような紹介リンクが、AppHtmlで簡単に実現!

MarsEdit 3.4.2 (¥3,450)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Red Sweater Software – Red Sweater Software(サイズ: 6 MB)

(2) Webサイトのリンクをつけたい。

これは、MarsEditとは直接関係ないことが後から理解したけども、MarsEditに関連するブログをみていたら、Webサイトの紹介とかをするときに、Bookmarkletを使っていることがわかった。
これは、「ShareHtml」というもの。
以下のブログにある、ShareHtmlメーカーから、ブラウザで動作するBookmarkletが生成できるので、これをSafariのブックマークに保存した。

MarsEditからも、Local Draftsとして、Bookmarkletを呼び出す(Javascriptを実行する)HTMLを記事として書いておけば、プレビュー画面でそのJavascriptが実行されて便利!ということの様子。

ShareHtmlと一緒に紹介されている、他の写真系のBookmarkletは確かに便利そう。同じようにMarsEditからShareHtmlを呼び出せるのだが、自分のブログページの紹介リンクしか生成できず(当たり前か)、あまり意味がないことがわかった。

なので、Safariでブラウズしていて、ブログで紹介したいと思ったときは、SafariでBookmarkletを呼び出して、HTMLを生成して、それをMarsEditにコピー&ペーストする。

こういった使い方になるんだと、理解。

ShareHtmlとFocusHtmlもリニューアルしました♪ | 普通のサラリーマンのiPhone日記
ShareHtmlメーカー

表示されるアイコンのサイズとか、調整したくなるけど、それはまた今度ということにしよう。

AmazonのリンクをつくるMarsEditからの簡単な何か、ないかな…

Amazon AWSの請求

今月の請求がきた。
$27程度かかっているみたい。

Total: $27.49

Freeのはずなんだけどな、なんか理解が悪いんだろう。
CloudとかASPとかなんとかって、便利なんだけど、本人の認識がきちんとされないで、契約となる場合が多くなると思う。
# 自分の場合は、Amazon AWSについては、とりあえずやってみよう、でやってるのでいいんですが。

生命保険とか契約の際は、「聞いてない!」って後から言われないために、
重要事項説明は、口頭でしゃべって聞かないとダメだった。

なので、Webでも、音声ファイルを再生して(早送りとかダメ)聞いたよね!
ということを半ば強引にやるようになったりして。

現状、メクラでチェックしちゃうしね。ちゃんと読んでないけど、「はい。読みました。」 ボタン。

WordPressのプラグイン

WordPressのプラグインをいくつかインストールしてみた。

  • JetPack:統計情報とか、twitter, facebookアイコン表示とか
  • WPTouch:iPhone用の表示テーマ
  • wp-tmkm-amazon:Amazonアソシエイトのリンクを張る
など。
プラグインのインストールはかなり簡単だけども、セキュリティとか考えていくと結構ザルなのかも。
でも、手軽にいろいろと機能を付けられるのは、いいね!

ようやく仮オープン

土日からやり始めて、いろいろと苦労して、ようやく仮オープンできるところまできました。

Amazon Web Serviceは、なかなか楽しいです。
Elastic IPで、グローバルアドレスを割り当てると、それまでアクセスできていたFQDNが変更になります。
グローバルアドレスを割り当てて、外部DNSでのCNAME登録をしてあげないと、
Amazonの割り当てたec2-xx-xx-xx-xx-xxxxxxxxのような名前でしかアクセスできないので、今回はアクセスが簡単になるようにと割り当てました。

かなりはまったのは、Elastic IPで割り当てて、CNAME登録する前に、WordPressをインストールしました。WordPressのインストールスクリプトは、導入時のFQDNを調べて、MySQLのDBに書き込みます。WordPressのDBの接頭辞_optionsテーブル内の、siteurlと、homeの2つです。この2つの値に、割当前のPublic DNSでURLがセットされてしまい、アクセスのためのURLを変更すると、WordPressのGUIは正常に動作してくれなくなります。

結局、直接、MySQLで上記テーブルの値を修正することで動作するようになりました。

まずは、WordPressの設定やら、プラグインなどをいろいろと試してみたいと思います。