VMware Fusion 8にNested vSphere環境を構築する

16GBのメモリを搭載したMacBook Proに、VMwareのNested vSphere環境を構築してみる。
vSphereのテスト環境を作ろうと思ったことがきっかけ。

  1. Fusion Pro 8を導入する

  2. My VMwareから、評価版のESXi 6.5をダウンロードする。
    (VMware-VMvisor-Installer-201701001-4887370.x86_64.iso)

  3. Fusion上にESXi 6.5をインストールする

  4. My VMwareから、評価版のvCenter Serverをダウンロードする。
    (VMware-VCSA-all-6.5.0-4944578.iso)

  5. ダウンロードした、VCSAのisoファイルをマウントする。
    ※ダウンロードフォルダにある、VMware-VCSA-all-6.5.0-4944578.isoをダブルクリックするとマウントします。

  6. vCenter Server Applianceの導入手順についてreadmeを確認します。

  7. vcsa-ui-installerフォルダにある、macフォルダを開くと、「Installer」があるので、
    Ctrlキーを押しながらクリックして開きます。

  8. 開いてもよいか、確認のダイアログが表示されるので、「開く」をクリックします。
    NewImage

  9. vCenter Server Appliance 6.5 Installerが起動します。
    NewImage

  10. 言語を「日本語」にします。
    NewImage

  11. インストールを選択します。インストールの概要が表示されます。
    「次へ」をクリックします。
    summary

  12. エンドユーザー使用許諾契約書が表示されます。
    同意にチェックをして、次へをクリックします。
    NewImage

  13. デプロイタイプの選択が表示されます。
    組み込みにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
    install_deploy_type

  14. アプライアンスのデプロイターゲットが表示されます。
    vCenter ServerをインストールするESXi(この記事で最初に導入したESXi)のIPアドレスを指定、
    ユーザー名、パスワードを入力して、「次へ」をクリックします。
    install_to_esxi

  15. SSLの証明書に関する警告が表示されます。
    「はい」をクリックします。
    ssl_alert

  16. アプライアンス仮想マシンの設定が表示されます。
    仮想マシン名、rootパスワードを指定します。
    VM_settings

  17. デプロイサイズの選択が表示されます。

この際、以下のエラーが表示された。
「OVF ファイルの読み取り中に問題が発生しました。:
Error: ovftoolを使用できません」

http://emadyounis.com/vcenter/vcenter-server-appliance-vcsa-6-5-installer-macos-ovftool-error/

  1. トラブルシュート
    デスクトップに、「vcsa-65-ISO」フォルダを作成し、その中に、マウントしたISOボリュームから、
    「vcsa-ui-installer」と「vcsa」をコピーします。

その後、xattrコマンドでInstaller.appのアトリビュートを削除します。

インストーラの画面では、「キャンセル」をクリックして、インストーラを閉じます。

  1. デスクトップにコピーしアトリビュートを削除したインストーラを開きます。
    これまでの作業をもう1回実施して、進めます。

  2. デプロイサイズの選択が表示されます。
    デプロイサイズ「最小」、ストレージサイズ「デフォルト」となっていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    install_deploy_size

  3. データストアの選択画面が表示されます。
    シンディスクモードの有効化をチェックして、「次へ」をクリックします。
    install_datastore

  4. ネットワークの構成画面が表示されます。
    ※DNSサーバは、とりあえず、8.8.8.8を指定。
    install_network

  5. ステージ1の設定内容の確認画面が表示されます。

install_stage1

  1. 「終了」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

install_stage1_start

  1. デプロイ完了画面が表示されます。
    「続行」をクリックします。

install_stage1_finish

https://192.168.66.130:5480/

  1. 引き続き、ステージ2のインストールに移ります。

stage2_summary

  1. アプライアンス設定画面が表示されます。
    時刻同期モードを「時刻を ESXi ホストと同期します」を選択します。
    SSHアクセスは、「有効」を選択します。

stage2_appliance

  1. SSO設定
    SSOドメイン名:vsphere.local
    サイト名:default-site

stage2_sso

  1. CEIPの設定画面

stage2_CEIP

  1. 設定の確認画面

stage2_settings

  1. Stage2インストール開始前の確認

stage2_installer_alert

  1. Stage2のセットアップ

stage2_setup

  1. 完了
    このアプライアンスのセットアップに成功しました、と表示されます。
    ※セットアップ開始から、10分程度かかりました。

stage2_setup_finish

vSphere Web Clienthttps://192.168.66.130:443/vsphere-client/
アプライアンスの「はじめに」ページhttps://192.168.66.130:443

  1. vSphere Web Clientにアクセス

ユーザー名:administrator@vsphere.local
パスワード:設定したパスワード

vcenter

所感:
スムーズに行くかと思いきや、少し手こずったのと、時間もかかった印象。
メモリは結構厳しい。

node.js 簡単なチャットアプリケーション

簡単なチャットアプリケーション

ブラウザではなく、コンソールから実行できるようにしたい。

client.js

index.js

アジャイルデータサイエンスをやってみる – その1

Serialization

ハマったポイントのメモ

p.51 3.6.1 Pigのインストール
 ここで、最初は、brewでもインストールできるのかなぁ〜と思って、$ brew install pigとしたものの、
その次のサンプルの、sent_counts.pigでエラー多発。
そもそも、$ pig -x localで、gruntモード起動ができな状態だった。

そんな訳で、brewで入れた(というかちゃんと入っていたのかも不明)pigをアンインストールして、
本に書いてある通り、http://pig.apache.org/より最新の、0.13.0をダウンロードして、
使うことにした。

本の手順では、antした後、contrib/piggybank/javaでantという手順であったが、
ダウンロードしたファイル内の、READMEでは、ant testせよとあったので、実行。

これがハマりどころで、一向に終わる気配がなく、結局、8時間ぐらい時間がかかっていた。
しかも、結果は、エラー。それぞれのテストでは、failカウントがないため、よく分からないが、
追求せず、次のステップに進み、動作確認できたので、良しとした。

次に本のサンプルを動かす訳ですが、sent_counts.pigの先頭行のHOMEディレクトリの指定と、
avroのバージョンを合わせる必要がありました。

結果、週末色々と時間をかけた結果、無事にp.53と同様の結果を得る事ができました!!

HEVCを試してみる

今年の1月にITU-Tに承認された、HEVC(H.265)のエンコードを試してみた。
リファレンスソフトウェアがダウンロードできるようになっていて、エンコードを試して見た。
自分の環境がMacなので、リファレンスソフトウェアのコンパイルはXcodeにて。

Xcodeのプロジェクトファイルも含まれていて、あまり引っかからずに実行ファイルが生成できた。

富士山の夕焼け

夕方、富士山の夕焼けが綺麗だったので、iPhone5で写真を撮ってみました。
富士山のシルエットと、スカイツリーが遠くに撮影できました。

# 肉眼で見るとダイナミックで綺麗なんだけど、写真に撮るといまいち全体が小さくまとまってしまうな〜

IMG 5557

人間の目とか耳には、意識が集中している部分がより大きく印象的に脳に届くようになっているのだと思います。(もしくは、脳に届いてから、そういう意識になるのかも)最近流行っている、写真でぼけ感を出すというのは、フォーカスしたもの意外をぼかすことで、それっぽく写真にしてるんだなと。
iPhone5のカメラだと、どっちにしても厳しいっすね。