ようやく仮オープン

土日からやり始めて、いろいろと苦労して、ようやく仮オープンできるところまできました。

Amazon Web Serviceは、なかなか楽しいです。
Elastic IPで、グローバルアドレスを割り当てると、それまでアクセスできていたFQDNが変更になります。
グローバルアドレスを割り当てて、外部DNSでのCNAME登録をしてあげないと、
Amazonの割り当てたec2-xx-xx-xx-xx-xxxxxxxxのような名前でしかアクセスできないので、今回はアクセスが簡単になるようにと割り当てました。

かなりはまったのは、Elastic IPで割り当てて、CNAME登録する前に、WordPressをインストールしました。WordPressのインストールスクリプトは、導入時のFQDNを調べて、MySQLのDBに書き込みます。WordPressのDBの接頭辞_optionsテーブル内の、siteurlと、homeの2つです。この2つの値に、割当前のPublic DNSでURLがセットされてしまい、アクセスのためのURLを変更すると、WordPressのGUIは正常に動作してくれなくなります。

結局、直接、MySQLで上記テーブルの値を修正することで動作するようになりました。

まずは、WordPressの設定やら、プラグインなどをいろいろと試してみたいと思います。

 

Amazon EC2のAmazon Linux AMIで、WordPressを立ち上げた

Amazon EC2のAmazon Linux AMIで、WordPressを立ち上げた。
まだ、FQDN名がちゃんとついてないので、これから整備。

別のインスタンスで、Redmineも上げていて、最初はRedmineと同居させようと思っていたんだけども、yumでのパッケージインストールだけだとうまくいかなかった。
そのうち、検証してみよう。。。。