WordPressをドメイン直下に移動したい ※サイトのホームページにする

wpとかblogといったサブディレクトリにWordPressをインストールしてしまった後で、ドメイン直下のルートディレクトリからアクセスできるようにしたい場合の方法です。

サブディレクトリにインストールしたWordPressの大量のファイル群を移動するといったことなく、簡単な方法でドメイン名でのアクセスができるようになります。

大きな流れは、以下の通りです。

  1. WordPressの管理画面でサイトアドレスのURLを変更する
  2. index.phpをコピーして修正する
  3. パーマリンク設定の更新

1. WordPressの管理画面でサイトアドレスのURLを変更する

WordPressの管理者画面にログインして、[ダッシュボード]-[設定]-[一般設定]をクリックします。

「サイトアドレス(URL)」で指定してあるURLから、サブディレクトリを削除して、「変更を保存」をクリックします。

※ 「 http://www.galapagos-island.net/blog 」から、blogを削除して、「 http://www.galapagos-island.net/ 」とします。

2. index.phpをコピーして修正する

(1) WordPressがインストールされているディレクトリ(ここでは、blog)から、index.php ファイルをサイトのルートディレクトリにコピーします。

例えば、SSHアクセスやコンソールアクセスが可能な場合は、以下のようなコマンドでコピーします。

サイトのルートディレクトリは、ホスティングサーバや構築したサーバ環境にもよりますが、例えば、www や htdocs や public_html といったディレクトリ名かと思います。

(2) 次に、ルートディレクトリのindex.phpファイルを以下のように修正します。

修正前

修正後

直接FTPクライアントを使う場合は、一旦index.phpファイルをダウンロードして、修正後にルートディレクトリへアップロードする形となります。

3. パーマリンク設定の更新

パーマリンクを設定している場合、更新が必要となります。
[ダッシュボード]-[設定]-[パーマリンク設定]を開き、「変更を保存」をクリックします。
その後、サブディレクトリ内にある、.htaccessをルートディレクトリへ同様の方法でコピーします。
※.htaccessファイルがない場合は、特に操作不要です。

参考:

WordPress を専用ディレクトリに配置する の 「3 既存のサブディレクトリを使ってルートディレクトリに表示する場合」

まとめ

上記方法で、ドメイン直下からサイトへアクセスすることができるようになります。
操作途中、サイトへのアクセスが出来なくなることがありますので、サイトへのアクセスされにくいタイミングで実施すると良いと思います。

Vagrantを使う(macOS High Sierra)

VM環境のセットアップをラクにするVagrantを入れてみる。
HashiCorp社 Vagrantの Getting Started のガイドを参考にVagrantを使えるようにセットアップをしてきます。

  1. インストール
    Vagrantのダウンロードページから、macOSを選択して vagrant_2.1.1_x86_64.dmg をダウンロード。
    https://www.vagrantup.com/downloads.html

Vagrant.pkgをダブルクリックしてインストールします。

Vagrant.pkg

インストール後、ターミナルで、vagrantコマンドが使えることを確認します。

  1. Vagrantプロジェクトのセットアップ
     Vagrantプロジェクトの最初のステップとして、Vagrantfileを作成します。
     Vagrantfileは、Vagrantプロジェクトのroot directoryを指定すること、オプションの指定、仮想マシン、リソースに関する記述をします。
     Vagrantには、「vagrant init」コマンドがあり、Vagrant用にディレクトリを初期化し、Vagrantfileを作成します。

このVagrantfileはテキストファイルですので、Gitなどバージョンコントロールシステムで管理することで、一意の環境構築ができるようになります。

  1. Boxesについて
     Vagrantでは、仮想マシンを一から作成するのではなく、boxesと呼ばれるベースイメージを使ってクイックに仮想マシンをクローンします。Vagrantfile作成後は、boxをインストールします。

Boxesは、「vagrant box add」コマンドで追加されます。このコマンドを実行することで、複数のVagrant環境で再利用が可能なように、特定の名前の下にboxが保管されます。

「vagrant box add hashicorp/precise64」を実行して、’hashicorp/precise64’配下にboxを追加します。
※仮想マシンを稼働する環境(providers)として、virtualboxを選択しました。
※「hashicorp/precise64」は、名前空間(namespace) hashicorp にある precise64 というboxを指定する表記です。
※「hashicorp/precise64」は、 HashiCorp’s Vagrant Cloud box catalog からダウンロードされます。

Go言語をMacにインストールする

Goは、2009年にGoogleが公開したプログラミング言語。コンパイラ言語。
色々と特徴があり、並列処理のサポート、クラスや継承がなく「型」を使う、などがあります。

Go言語のインストール

(1) Go言語のサイトを開き、Go言語のインストーラーをダウンロードする。

The Go Programming Language
Go言語のサイト(https://golang.org/)

Downloads  The Go Programming Language
Go言語のダウンロードページ

(2) Go言語のインストール
 ダウンロードしたインストーラーを実行して、指示に従ってインストールする。

Go installer 1

Go installer 2

Go installer 3

Go installer 4

(3) インストール完了の確認
ターミナルを開き、「go version」コマンドを実行して、インストール完了を確認する。

$ go version
go version go1.9.3 darwin/amd64

(4) 「A Tour of Go」で学ぶ
Go言語サイトのDocumentにもありますが、ローカル環境で利用することができます。
ローカルでGo Tourを実行するには、以下のコマンドを入力します。

$ go tool tour

コマンド実行後、ブラウザが開き、A Tour of Go が利用できるようになります。

A Tour of Go

以上で、Go言語のインストール完了です。

VMware Fusion 8にNested vSphere環境を構築する

16GBのメモリを搭載したMacBook Proに、VMwareのNested vSphere環境を構築してみる。
vSphereのテスト環境を作ろうと思ったことがきっかけ。

  1. Fusion Pro 8を導入する

  2. My VMwareから、評価版のESXi 6.5をダウンロードする。
    (VMware-VMvisor-Installer-201701001-4887370.x86_64.iso)

  3. Fusion上にESXi 6.5をインストールする

  4. My VMwareから、評価版のvCenter Serverをダウンロードする。
    (VMware-VCSA-all-6.5.0-4944578.iso)

  5. ダウンロードした、VCSAのisoファイルをマウントする。
    ※ダウンロードフォルダにある、VMware-VCSA-all-6.5.0-4944578.isoをダブルクリックするとマウントします。

  6. vCenter Server Applianceの導入手順についてreadmeを確認します。

  7. vcsa-ui-installerフォルダにある、macフォルダを開くと、「Installer」があるので、
    Ctrlキーを押しながらクリックして開きます。

  8. 開いてもよいか、確認のダイアログが表示されるので、「開く」をクリックします。
    NewImage

  9. vCenter Server Appliance 6.5 Installerが起動します。
    NewImage

  10. 言語を「日本語」にします。
    NewImage

  11. インストールを選択します。インストールの概要が表示されます。
    「次へ」をクリックします。
    summary

  12. エンドユーザー使用許諾契約書が表示されます。
    同意にチェックをして、次へをクリックします。
    NewImage

  13. デプロイタイプの選択が表示されます。
    組み込みにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
    install_deploy_type

  14. アプライアンスのデプロイターゲットが表示されます。
    vCenter ServerをインストールするESXi(この記事で最初に導入したESXi)のIPアドレスを指定、
    ユーザー名、パスワードを入力して、「次へ」をクリックします。
    install_to_esxi

  15. SSLの証明書に関する警告が表示されます。
    「はい」をクリックします。
    ssl_alert

  16. アプライアンス仮想マシンの設定が表示されます。
    仮想マシン名、rootパスワードを指定します。
    VM_settings

  17. デプロイサイズの選択が表示されます。

この際、以下のエラーが表示された。
「OVF ファイルの読み取り中に問題が発生しました。:
Error: ovftoolを使用できません」

http://emadyounis.com/vcenter/vcenter-server-appliance-vcsa-6-5-installer-macos-ovftool-error/

  1. トラブルシュート
    デスクトップに、「vcsa-65-ISO」フォルダを作成し、その中に、マウントしたISOボリュームから、
    「vcsa-ui-installer」と「vcsa」をコピーします。

その後、xattrコマンドでInstaller.appのアトリビュートを削除します。

インストーラの画面では、「キャンセル」をクリックして、インストーラを閉じます。

  1. デスクトップにコピーしアトリビュートを削除したインストーラを開きます。
    これまでの作業をもう1回実施して、進めます。

  2. デプロイサイズの選択が表示されます。
    デプロイサイズ「最小」、ストレージサイズ「デフォルト」となっていることを確認して、「次へ」をクリックします。
    install_deploy_size

  3. データストアの選択画面が表示されます。
    シンディスクモードの有効化をチェックして、「次へ」をクリックします。
    install_datastore

  4. ネットワークの構成画面が表示されます。
    ※DNSサーバは、とりあえず、8.8.8.8を指定。
    install_network

  5. ステージ1の設定内容の確認画面が表示されます。

install_stage1

  1. 「終了」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

install_stage1_start

  1. デプロイ完了画面が表示されます。
    「続行」をクリックします。

install_stage1_finish

https://192.168.66.130:5480/

  1. 引き続き、ステージ2のインストールに移ります。

stage2_summary

  1. アプライアンス設定画面が表示されます。
    時刻同期モードを「時刻を ESXi ホストと同期します」を選択します。
    SSHアクセスは、「有効」を選択します。

stage2_appliance

  1. SSO設定
    SSOドメイン名:vsphere.local
    サイト名:default-site

stage2_sso

  1. CEIPの設定画面

stage2_CEIP

  1. 設定の確認画面

stage2_settings

  1. Stage2インストール開始前の確認

stage2_installer_alert

  1. Stage2のセットアップ

stage2_setup

  1. 完了
    このアプライアンスのセットアップに成功しました、と表示されます。
    ※セットアップ開始から、10分程度かかりました。

stage2_setup_finish

vSphere Web Clienthttps://192.168.66.130:443/vsphere-client/
アプライアンスの「はじめに」ページhttps://192.168.66.130:443

  1. vSphere Web Clientにアクセス

ユーザー名:administrator@vsphere.local
パスワード:設定したパスワード

vcenter

所感:
スムーズに行くかと思いきや、少し手こずったのと、時間もかかった印象。
メモリは結構厳しい。

Apple WatchのDigital Touchが使えない時に確認すること

Apple WatchのDigital Touch、ハートビートが送れるとか、スケッチをやりとりできるとか、魅力的ですよね。

Digital Touch を使うと、Apple Watch を持っている友達ならだれにでも、スケッチ、タップ、さらにはハードビー
トを送ることができます。

Apple Watchユーザーガイド 1.0のp.42には書いてありますし、早速やってみようということになったんです。

自分のApple Watchの「友達」に表示される妻のアイコンには、Digital Touchが使える指マークのDigital Touchアイコンが表示されていて、スケッチを送ることができました。

が、妻のApple Watchでは、自分のアイコンにDigital Touchアイコンが表示されません。

自分も妻も、当然Apple IDはありますし、iPhoneのメッセージアプリでやりとりもできているので、なぜできないの?とさっぱり分かりませんでした。

ただ、どうやら、妻から自分の電話番号宛のiMessageが使えてないということが判明。

色々と調べた結果ですが、
AppleのホームページのApple Watchのページの中で、〜Digital Touchでは、友たちとの連絡に、iPhoneに関連付けられている電話番号を利用します〜という説明を見つけました。

恐らく、Digital Touchは、電話番号宛のiMessageを使っていると想定して、さらに調べを進めてみました。

「Digital Touch できない」などで検索してもヒットしませんでしたが、「メッセージ 送受信 電話番号」で検索すると、何件かヒットしてきました。

結論としては、My SoftBankの「迷惑メールの設定」が原因で、iMessageのアクティベーション時に電話番号が登録されないことがわかりました。

解消するには、具体的には以下の2つを対応します。
(1) My Softbankの迷惑メールの設定
「海外からの電話番号メール」を「受け取る」と設定する
(2) iMessageを再アクティベート([設定]-[メッセージ]の「iMessage」を一旦Offにして、Onにする)する

この対応をすることで、電話番号宛のiMessageが使えるようになり、Digital Touchアイコンも表示されるようになりました。

※ちゃんと電話番号宛でiMessageが使えているか、アクティベーションできているかは、[設定]-[メッセージ]-[送受信]で、iMessage着信用の連絡先情報で、電話番号にチェックが入っているかどうかで確認できます。